最近流行りのLIGHTSPEED。

DeathAdder Elite、Pulsefire FPSにSensei 310と、ゲーミングマウスを10ヶ月ほど愛用していたが、やっぱり有線マウスは自分には合わないなと思った。

マウスの性能や握った感触など、何ら不満は無かった(むしろ大満足)んですが、やっぱりゲーブルが鬱陶しすぎる。
ゲームをそんなにしなかった時期は無線マウスしか使ってこなかったので、ゲーミングマウスの長いケーブルがどうしても気になってしまう。
一応マウスバンジーを使ったりもしたけど、これはこれで少し邪魔…。

そんなわけで、最近流行りの「無線ゲーミングマウス」を買った。

Logicool G304

LIGHTSPEEDシリーズの最廉価版とはいえ、実機を触ってG304が一番しっくり来た。
個人的にLogicoolはあまりいい思い出が無いが、マウス以外にも色々触ってみて、確実に良くなっているなぁと思ったので、迷いなくポチった。

外観

無駄のないシンプルな外観がとてもいい。最近のゴテゴテゲーミングだぜデザインが嫌いなので、このシンプルさは+9800点。

使用感とか

小さい(超重要)
つかみ・つまみ持ち派なのであまりマウスが大きいと指が攣ってしまうので、これくらいのサイズ感のマウスがほしかった。ゲーミングマウスはデカすぎるッピ!
この丁度いい小ささのおかげで持ち方の自由度が高くなっているなと感じた。ゲームをしない時は多少崩した持ち方をしたい人間なので、これが中サイズ以上のマウスになると難しい。

ラバーが無いことや、スイッチを押した感じはまぁ、廉価モデルだなぁと感じてしまうが、僕はあまりハードなゲームをやらないので気にならない。ラバーも汗をかくと逆にすべるのでなくていい。

無線マウスなので電池駆動(POWERPLAYは非対応)なのだが、意外と軽い。
単3電池だと重いだろ!いい加減にしろ!って思ったが全然許容できる重量。軽量化のためにスペーサーを噛ませて単4電池で動かしている人も結構いるようで。

G Hubは見やすい

最初は公式サイトの言われるがままにいつものLogicoolゲームソフトウェアを入れた。
これほんと嫌い。マジで見づらいしUIも古めかしい。

と思ったらG Hubというソフトウェアがあった。
これはモダンなUIで見やすい。

締め

ワイヤレスの恩恵は想像以上に大きい。
あとはワイヤレスヘッドセットを揃えればゲーミングQoLガン上げでしょうね。